top

神経内科

神経内科とは

神経内科とは脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。脳神経外科領域の疾患も内科的管理で診療が可能なものもあります。

対象とする主な症状

  • しびれ
  • 力が入らない
  • 痙攣
  • 意識障害 など
  • めまい
  • 歩きにくい
  • 話しにくい
  • 頭痛
  • ふらつく
  • ものが見えにくい
  • ふるえ
  • ひきつけ
  • ものわすれ

上記のような症状の際に、神経内科でどこの病気であるかを見極めることが重要です。

その上で適切な治療を行い、必要であれば適切な医療機関にご紹介いたします。

神経内科の対象疾患

神経内科が対象の主な疾患

  • 頭痛
  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
  • 認知症
  • てんかん
  • パーキンソン病
  • 筋疾患
  • 神経難病(重症筋無力症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症) など

脳卒中とは

脳卒中は、脳血管障害ともいい、脳の血管が破れたり、詰まったりして、その部分の脳の働きが失われる病気です。

脳卒中は

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血

に分けられます。

脳梗塞は血管が詰まって、その先の脳細胞が障害されます。
脳出血は脳の血管が破れ、脳の中で出血する病気で、くも膜下出血は動脈瘤が破れ脳の表面で出血する病気です。
いずれも手足の麻痺、歩行障害、構音障害、意識障害などの神経症状が突然出現します。

脳卒中と生活習慣病の関係

脳卒中の発症には、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が大きく関わっています。

厚生労働省の調査によると高血圧の人では、脳卒中により死亡する危険度が高血圧でない方に比べて約3倍にもなります。

脳卒中を予防するには、定期的な健診で高血圧や糖尿病、脂質異常症を発見し、早期に治療を行うことが肝要です。

さとう内科・脳神経クリニックの神経内科診療について

さとう内科・脳神経クリニックでは、日本神経学会 神経内科専門医が診療を行っております。
また、マルチスライスCTを導入しており、脳出血とくも膜下出血の診断、脳梗塞の診断や状態把握、認知症に関連する脳萎縮の評価、正常圧水頭症の診断、頭部外傷、脳腫瘍の大きさや場所、種類、場所や障害範囲などを判断できます。

医院概要

さとう内科・脳神経クリニック

  • TEL:03-5726-9995
  • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢2-4-10
  • 診療科目:一般内科・神経内科・小児科
    ※当院は『難病医療費助成指定医療機関』です
アクセス
東急目黒線「奥沢駅」より徒歩6分
東急大井町線「緑が丘駅」より徒歩5分
東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩7分
東急バス[多摩01][渋33]奥沢2丁目バス停 下車すぐ
診療時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
※受付は診療時間終了の15分前までです。
休診日:木曜・日曜・祝日
インターネット予約
  • 内科領域等
  • 一般内科・訪問診療
  • 生活習慣病外来
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 痛風
  • 成人予防接種
  • 健康診断
  • 小児科
  • 小児予防接種
  • 神経内科領域
  • 神経内科
  • 頭痛外来
  • しびれ外来
  • めまい外来
  • 物忘れ外来
  • ボツリヌス外来
  • 自費診療
  • AGA(男性型脱毛症)・ED(勃起不全
  • プラセンタ注射
  • 女性のための「エクオール」
  • まつ毛育毛(グラッシュビスタ)