top

ボツリヌス外来

ボツリヌス外来とは

ボツリヌス外来とはボツリヌス毒素療法(ボトックス注射)を使用した専門外来です。

ボトックスは、A型ボツリヌス菌が産生する毒素を利用し、身体に害のない成分で筋肉を麻痺させる注射です。菌そのものを注射するわけではないのでボツリヌス菌に感染する心配はありません。
ボツリヌス治療が保険適用となる疾患は、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、痙性斜頸、痙縮、原発性腋窩多汗症等です。

ボツリヌスを過度に緊張した筋肉に注射し、正常な状態に緩める治療です。注射後3~7日目から効果が現れて、通常3~4ヶ月間持続します。

ボツリヌス外来の対象疾患

眼瞼痙攣

両側の眼輪筋に不随意に攣縮が反復出現する病気です。
疲れた時にまぶたがピクピクするのを感じる方も多いかもしれません。それが一日中継続する状態です。

(片側)顔面痙攣

顔面神経の被刺激性亢進により、顔面表情筋が発作性、反復性かつ不随意に収縮する病気です。
悪化すると目を開けていられない状態になることもあります。

痙性斜頚

痙性斜頚とは首の周りの筋肉が自分の意志に関係なく収縮・痙攣してしまうために首がよじれたり曲がったりする病気です。そのため首や肩の痛みを伴うこともあり、頑固な肩こりが、実は軽度の痙性斜頸の痛みということもあります。

脳卒中後の痙縮

痙縮とは脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などの脳血管障害発症後、しばらくしてから生じてくる、脳の障害された部位が司る手足の異常な筋緊張です。
痛みやしびれ、歩行障害の症状が出現し、日常生活に支障を来します。筋肉が過緊張状態にあるため、リハビリが効果的に進まない、着替えができない、洗えず不潔になる、見た目が悪い、などの症状があります。

原発性腋窩多汗症(ワキ多汗症)

多汗症に悩む人は、思春期から中年世代までの社会的活動が盛んな年代に多いといわれています。男女の比率はほぼ同等です。

半年以上、多量のワキ汗が続いている方で、以下の項目に2つ以上当てはまる場合、原発性腋窩多汗症と診断され、健康保険での治療の対象となります。

  • 両ワキに多くの汗をかく
  • ワキの汗が多いため、日常生活に支障が生じている
  • 週に1回以上、ワキに多くの汗をかくことがある
  • このような症状は25歳より以前にはじまった
  • 同じような症状の家族・親戚がいる
  • 眠っているときはワキの汗がひどくない

脇の汗がでる部位にボトックス注射をする事により約4−9ヶ月程度症状が改善されます。(個人差があります)
当院では通常使われる針より更に極々細い注射針を採用しています。極力痛みの少ない施注を目指しております。
保険が適用された上で、費用の目安は初診料、再診料を含め
3割負担で3万円弱、1割負担で1万円弱かかります。

医院概要

さとう内科・脳神経クリニック

  • TEL:03-5726-9995
  • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢2-4-10
  • 診療科目:一般内科・神経内科・小児科
    ※当院は『難病医療費助成指定医療機関』です
アクセス
東急目黒線「奥沢駅」より徒歩6分
東急大井町線「緑が丘駅」より徒歩5分
東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩7分
東急バス[多摩01][渋33]奥沢2丁目バス停 下車すぐ
診療時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
※受付は診療時間終了の15分前までです。
休診日:木曜・日曜・祝日
インターネット予約
  • 内科領域等
  • 一般内科・訪問診療
  • 生活習慣病外来
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 痛風
  • 成人予防接種
  • 健康診断
  • 小児科
  • 小児予防接種
  • 神経内科領域
  • 神経内科
  • 頭痛外来
  • しびれ外来
  • めまい外来
  • 物忘れ外来
  • ボツリヌス外来
  • 自費診療
  • AGA(男性型脱毛症)・ED(勃起不全
  • プラセンタ注射
  • 女性のための「エクオール」
  • まつ毛育毛(グラッシュビスタ)