top

自宅療養の注意

自宅療養期間中にやってほしいこと
  • 自宅での療養期間は処方された薬がある場合は、しっかり内服を続けること
  • よく寝て、よく食べること
  • 部屋に閉じこもること
  • 体温の測定を1日に2回以上して記録しておくこと
  • 過去2週間の行動歴を思い出して記録しておくこと
  • 新型コロナウイルスにかかっていると思って行動すること
  • 症状が急激に悪くなったら帰国者・接触者相談センターに電話をすること
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1. 相談、受診の前に心がけていただきたいこと
  • 自宅での療養期間は処方された薬がある場合は、しっかり内服を続けること
  • よく寝て、よく食べること
  • 部屋に閉じこもること
  • 体温の測定を1日に2回以上して記録しておくこと
  • 過去2週間の行動歴を思い出して記録しておくこと
  • 新型コロナウイルスにかかっていると思って行動すること
  • 症状が急激に悪くなったら帰国者・接触者相談センターに電話をすること
2. 帰国者・接触者相談センター等に電話相談する目安

以下のいずれかに該当する場合はすぐにご相談下さい。(これらに該当しない場合の相談も可能です)

  • 息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある
  • 高齢者や基礎疾患がある重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある
  • 上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く

高齢者や基礎疾患を有する方でなくても、比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合は必ずご相談下さい。
症状には個人差がありますので強い症状と思う場合にはすぐにご相談下さい。
解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。と改められました。

妊婦の方は念の為重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談下さい。

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターや当院に電話でご相談下さい。

上記両方を満たす必要があります。

医療機関にかかるときのお願い
  • 数の医療機関を受診することによる感染が拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控え下さい。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用する他、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。
自宅療養期間中にやって欲しくないこと
  • (もちろんですが)外出をしないこと
  • 自暴自棄にならないこと
  • タバコを吸わないこと
  • デマに流されないこと
  • 発熱がなくても帰省は絶対にしないこと
  • 事前相談なしに医療機関を受診しないこと
  • 自分だけは新型コロナウイルスにかからないと信じ込んだり、かかっても大したことはないと甘く見ないこと
コロナウイルス疑い患者の復職の判定時期の考え方(案)

1. 解熱剤を使用せずに解熱し、呼吸器症状が改善してから少なくとも72時間は経過していること
2. 症状が現れてから発症した日を0日として翌日から数えて7日以上経過していること
新型コロナウイルスの特徴(感染しない、させないために)

感染から発症まで平均5-6日、感染者の80%が軽症のため、感染に気づかない可能性がある。
インフルエンザ・風邪と明確な違いがない。

感染した時の症状

発熱87.9%、咳67.7%、だるさ38.1%、たん33.4%、息切れ18.6%、咽頭痛13.9%、頭痛13.6%
嗅覚、味覚の異常があっても特有の症状とは言えません。

1. 解熱剤を使用せずに解熱し、呼吸器症状が改善してから少なくとも72時間は経過していること
2. 症状が現れてから発症した日を0日として翌日から数えて7日以上経過していること
電話相談の目安
  • 4日以上辛い風邪の症状、37.5℃以上の発熱が続く場合(高齢者や糖尿病、呼吸器疾患がある場合は2日)
  • 強いだるさ、息苦しさがある場合はすぐに電話

軽い症状、不安の時  新型コロナコールセンター 9時-21時 0570-550571

新型コロナウイルスの感染が疑われる時

世田谷区保健所 新型コロナ受診相談窓口 平日8時30分から17時15分まで 03-5432-2910

東京都 新型コロナ受診相談窓口 24時間対応 03-5320-4592

聞かれること

  • 発熱、咳症状の有無
  • 基礎疾患、妊娠の有無
  • 発症前2週間の行動歴(海外渡航、渡航歴居住歴がある人との接触、同居者・接触者の有無)事前にまとめておくと良い。
  • 同居者、接触者の有無
コロナと確定していない状況を含め感冒症状で自宅療養中の家族内感染の予防策
  • 出来る限り家族との接触を避け、療養する部屋を分ける
  • 看病が必要な場合は、看病する人を限定する。ただし、高齢者、基礎疾患を有する患者、妊婦には看病させない
  • 患者と家族はタオルの共有はしない
  • 入浴、シャワーは入るなら一番最後
  • 患者がトイレなど、療養する部屋から出る時には必ず、マスクをつけ、部屋を出る直前にアルコール消毒をする。
  • 患者が触った箇所はアルコールで拭き、拭き終わったらビニールで密閉して捨てる
  • 定期的に部屋の窓を開け換気する(目安は1-2時間に1回、5-10分)
  • 患者が使った衣類やシーツを洗濯するときは、手袋とマスクをつける。洗濯後はよく乾燥させる
  • 患者が出すゴミはビニール袋に入れ、しっかりと口を縛って密閉してから部屋の外に出し、家族が扱うときはアルコール消毒を用い、その後しっかり手洗いをする。

医院概要

さとう内科・脳神経クリニック

  • TEL:03-5726-9995
  • 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢2-4-10
  • 診療科目:一般内科・神経内科・小児科
    ※当院は『難病医療費助成指定医療機関』です
アクセス
東急目黒線「奥沢駅」より徒歩6分
東急大井町線「緑が丘駅」より徒歩5分
東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩7分
東急バス[多摩01][渋33]奥沢2丁目バス停 下車すぐ
診療時間 日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00
※受付は診療時間終了の15分前までです。
休診日:木曜・日曜・祝日
自宅療養の注意
PayPayでお支払いが可能です
インターネット予約
  • 内科領域等
  • 一般内科・訪問診療
  • 生活習慣病外来
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 痛風
  • 成人予防接種
  • 健康診断
  • 小児科
  • 小児予防接種
  • 神経内科領域
  • 神経内科
  • 頭痛外来
  • しびれ外来
  • めまい外来
  • 物忘れ外来
  • ボツリヌス外来
  • 自費診療
  • AGA(男性型脱毛症)・ED(勃起不全
  • プラセンタ注射
  • 女性のための「エクオール」